• 株式会社小学館(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:相賀昌宏、以
    下小学館)が、小学館の青年コミック誌『ビッグコミック スピリッツ』創
    刊30周年プロジェクトとして、本誌第39号(8/30発売)より、コミック業
    界初となる「AR(拡張現実)体感企画 “とび出す!!スピリッツ!!”
    」を、ファッションブランドのBEAMS?#21435;償楗堀颮`ション展開いたし
    ます。2号にわたって展開される本企画のテクニカルパートを、チームラボ
    株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役社長:猪子 寿之、以下チーム
    ラボ)が担当いたしました。
    ■コミック業界初となる「AR(拡張現実)企画」
    本企画?#31232;?980年に創刊された『ビッグコミック スピリッツ』が今年10月
    に迎える、創刊30周年を記念したプロジェクトのひとつです。本誌中に掲
    載されているAR(拡張現実)マーカーコードを?#38772;漸償螭蜽EBカメラ
    やiPhone を使って読み取る事により、同誌の歴代連載作品の中から選ばれ
    た30作品のキャラクター達が、誌面から立体的に出現し「とび出す!漫画」
    を体感する事ができます。つきまして?#31232;ⅳ長?#20214;を貴メディアにてお取り
    上げいただけます?#26085;\に幸いに存じます。何卒よろしくお願いいたします。
    <関連WEBサイト>
    ▼『SPINET』(『ビッグコミック スピリッツ』オフィシャルサイト)
    ▼とび出す!!スピリッツ!! キャンペーン専用サイト
    ■ファッションブランドのBEAMSとのコラボレーション
    本企画?#31232;ⅳ工扦衰鷹氓哎償攛氓攻豫轔氓膜?#27508;代連載30作品をモチーフ
    にした商品をリリースしているビームスとのコラボレーションの?#30011;hで
    、「ビームスT 原宿」で?#31232;?#33258;らがスピリッツの表紙に入り込んで撮影が
    できるARインスタレーションを展開するほか、「マンガート ?ビームスT
    代官山」で?#31232;?#35079;製原画や作家の使用道具の写真展示など、漫画にフィー
    チャーしたインスタレーションを行ないます。
    <BEAMSでの開催概要>
    【イベント名】 
    ビッグコミックスピリッツ30周年プロジェクト x MANGART BEAMS T
    【開催日時】  
    2010年8月27日(金)- 9月20日(月/祝日)*期間中無休
    * 9月11日(土) 19時-22時 レセプションパーティー
    【開催場所】  
    BEAMS T HARAJUKU/ビームスT 原宿
    東京都渋谷区神宮前3-25-15 1F
    TEL:03-3470-8601
    営業時間:11:00-20:00
    MANGART BEAMS T DAIKANYAMA /マンガート ビームスT 代官山
    東京都渋谷区猿楽町19-6 2F
    TEL:03-5428-5952
    営業時間:11:00-20:00
    【開催内容】
    ?ビームスT 原宿
    巨大モニターを設置してスピリッツキャラクターと共演し表紙になれる
    (バーチャル撮影)「あなたが!!スピリッツ」を実施。
    ?マンガート ビームスT 代官山
    10作品の複製原画、作者のア?#21435;轔?道具にフィーチャーした写真展示
    【チームラボと?#31232;?br /> 日本発、ウル?#21435;楗匹違恁弗攻?#38598;団?チームラボ(代表:猪子寿之)
    チームラボ?#31232;ⅴē螗弗衰ⅰⅴ釬頂ぅ施`、建築家、CGアニメーター、数学
    者など様々なスペシャリストから構成される。テクノロジー?アート?デ
    ザインの境界線を曖昧にしながら活動?#23567;?br /> チームラボはクライアントありきの集団であり会社です。技術力、最新の
    ネッ?#21435;鐒`クプロダクツを高度に掛け合わせて、クライアントの要望に沿
    ったシステムをトータルに提供。
    主な実績として、産経デジタルのニュース?ブログポータルサイ?#21462;竔za
    」(06)、毎日コミュニ?#26292;`ションズのアルバイト情報サイ?#21462;弗蕙ぅ圣鷹?br /> イ?#21462;?07)、Twitter 連動型商品在庫情報検索/レコメンドボッ?#21462;弗償欹?br /> モさん」を開発(10)他、国産検索エンジン「SAGOOL」など。
    また、『花紅』他作品でミラノサローネ(07)に参加。au Design project
    にて制作したコンセプ?#21435;猊釬?#25658;帯『actface』が文化庁メディア芸術祭審
    査員推薦作品(07)。『花と屍(08)』を仏ルーヴル宮内国立装飾美術館
    で発表。「水墨空間『然』」が「ADAA大賞」他2賞を受賞(08)。コニカミ
    ノルタプラザにて空間作品『百年海図巻(09)』を発表。
    また、チームラボハンガーをPUBLIC/IMAGE.3Dにて発表(10)
    ▼チームラボ
    http://www.team-lab.com
    ▼作品紹介
    http://www.team-lab.net/



    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはス?#38772;啶?#20302;減するために Akismet を使っています。コメン?#21435;簽`タの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    爱乐彩官网
  • 大乐透摇奖机模拟摇号 qq刮刮乐妈 30选五 p3预测最准 电子幸运转盘电路原理图 15选5中一等奖 云南云南十一选五走势图 体彩浙江20选5预测 下载腾讽北京十一选五模似投币枝 以下哪个是手机爱彩网的地址 快乐12选前三组选 AG亚游是哪个公司的 广东时时彩预测大师 福建31选7彩票走势图 二八杠黑仔mp3